タグ: 仕事術 1ページ/5ページ

DAYONE と Wunderlist を使って、一週間の見通しをたてる方法

GTD では、日々のレビューや週に一度のレビューによって「次にやるべきこと」や「将来の見通し」をクリアにしていきます。 しかし忙しいときはそれがおろそかになりがちです。 たとえば、数週間かかるような仕事をいくつも抱えてい…

場所、時間にとらわれずに働くということは可能か?

場所や時間にとらわれずに仕事をするということ。 これは不可能ではないと思います。 もちろん職種や業種にもよるのでしょうけれども。

GTD – ふたつのアクションの扱いに四苦八苦

自分がなにをやるべきか? その「すべて」をまとめてリストにできたら気分よいと思いませんか? GTD では、自分がやるべき単独の具体的な行動、または取り組みのことを「アクション」といいます。

不安やリスクを見つめる勇気

以前の記事でも書いた、「垂直の記憶」という本。 これを読んで私は衝撃を受けました。 それで、なんだか自分がとてもちっぽけで情けないような存在になったような気さえしたのです。

インターネットの有名税

勝手な予想なのですが、有名であるということはそれによるメリットよりもデメリットのほうが大きいのではないでしょうか? 特にインターネット界隈においては、その有名税はちょっと高すぎるような気がしたり、しなかったりしています。…

GTD – やるべきことを終わらせ、やりたいことを成し遂げるための技法

私は GTD を “やりたいことを成し遂げるための技法” であるととらえています。 「技法」という言葉を使ったのは、なんていうのかな……ちょっとテクニカルなニュアンスで、つまりは GTD っていう…

マインドマップの俯瞰力とそれによる変化

少し前の記事でも書きましたけれども、最近では GTD の実践に際してマインドマップを活用しています。 正確には「マインドマップ的な書きかた」とでも言えばよいでしょうか? とにかくそれによって大きく変わった部分があるので、…

GTD に最適なツールを選ぼう(その1)

この間の記事の続きです。 このブログではひとつの試みとして Evernote で GTD ということをご紹介してきました。 が、それ以外にも GTD のために活用できるツールというものはいろいろあります。

個人的作業効率化の方法

作業などの効率化ということについて考えてみたいと思います。 以前にも書いたかもしれませんが、もう一度。 そもそも何をもって「効率が良い(効率化されている)」と言うのか?ということについて考えてみますと、単純ではありますが…

実用的な GTD ツールについての考察

実用的な GTD ツールとはどんなものなのか? ということについて考えていました。 「ひとつ上の GTD」という本によれば、GTD とは―― “ワークフローマスターモデル” という5つのステップに…

Evernote GTD #12 プロジェクトと参照情報と次にとるべき行動をまとめてしまうやりかたについて

Evernote を使った GTD についての第12回です。 今回は、最初に Evernote ならではの弱点、つまり苦手なところについて書いて、その次の、じゃあそれを克服するにはどうしたら良いのか? ということについて…

嫌なこと、苦手なことをどう対処するか?

20代とか30代のうちの数年、というスパンでみれば、好きなことをやるというのはそれほど難しくはありません。 が、もっと長い期間、例えばライフワークといえるくらいの長い間、可能であれば一生、というようなスパンで考えてみると…