カテゴリー: 哲学

よく生きるということと人格について

ソクラテスが言うところの「よく生きる」ということについて。 ソクラテスが考える「よく生きる」ことの核心は次のとおりだ。 「魂」を優れたものにするためには、それを気遣う必要がある。どれだけお金を支払っても、あるいは、容姿を…

因果の系列について

私は、私自身が「人生を楽に生きていきたい」という想いから、原因があるから結果がある、という考えかたはあまりしません。 もちろん「昨日、食べ過ぎたから今日、お腹が痛くなった」というように、原因に対する結果が明確であることも…

希望は本当に「悪」なのか?

ニーチェは「希望は悪の中でも最悪の悪である、なぜなら苦悩を引き延ばすから」といったそうです。 これをうけて、クリストファー・ピーターソンは次のように述べています。  つまり、希望は悪でもあるのだ。特に、希望が信奉される場…

結果と原因の法則

結果と原因の法則という、私が勝手に考えた法則があります。 これは、現在の結果に対して都合の良い原因を考えるというもので、「都合の良い」というのは「前向きな」というニュアンスになります。 たとえば何かの試験に落ちた、としま…