カテゴリー: 自由

ストレスとプレッシャー

そういえばあたり前のようになっていたけれど、ストレスフリーな生活がつづいています。 まったくないわけじゃないけれど、ほとんどない。 これは「ほとんどのことを自分で決めることができる」という感覚によるものだと思う。

シンプルな生活は魅力的か

私の中での “シンプルな生活” のイメージといえば、”無人島でひとりで生活する” というものです。 ただ生きるために生きる。 これ以上シンプルなものはないんじゃないか? と…

気のせいかもしれないという不安について

以前の記事で携帯(iPhone)を解約しました、というようなことを書きました。 そのため私は外出してしまうと自由にネットができません。 ネットにつながっていないということは、ときに解放的であり、ときに不安です。

家族と仕事と遊びと自分

最近、子供がじっとテレビを見ていまして、もしかしたら少しずつ内容を理解できるようになってきたのかもしれません。 私も奥さんも読書が好きなのでたくさん読み聞かせしてあげたいのですが、生まれてきたのは私たちとは似ても似つかな…

子育てと自由

週末ということで少し、いつもとは違う感じのテーマで。 いろいろな状況や境遇の方がいらっしゃると思いますが、あくまでも私個人の考えとして、もし可能であるならば、子供はいたほうがいいんじゃないかと感じています。 少し恥ずかし…

自由とは人生全体のバランスのことではないだろうか?

「自由」は空疎な理念やお題目ではなく、「人生を選択できる経済的な土台(インフラストラクチャー)」のことだ。 貧乏はお金持ち 橘 玲(講談社 2011) いきなり引用から入ってしまいましたが、この本は「自由」についての本で…

天気の良いこんな日は(自由について)

たとえば朝、目覚めてカーテンをあけたとき、ああ、こんなに天気が良い日はちょっと散歩でもしたいなあ、と感じることがあります。 私はどちらかというと自然が好きなので、近くにある大きな公園を散歩して四季おりおりの花をながめたり…

誰も雇わず雇われず、オフィスを持たず、電話もない

若い頃、お店をやってみたいなとぼんやり考えていました。 なんか楽しそうだったからです。 実際にお店をやってみて、それは若い頃からの夢たったので嬉しかったのですが、なんか不自由だな、と感じたのも確かでした。

自由、自由というけれど

私自身の人生のテーマには “自由” というものがあって、私はそれを少し恥ずかしく思っています。 だってなんかもういい歳だし、大人にならなくちゃ、とか…。 以前、「私のTODOリストの先頭にあるもの」というページがちょっと…