カテゴリー: 資本主義・お金

経済は科学ではないということについて

今日はキンドル本「物理学者長谷川博士の目からウロコの落ちる本: 第2巻 お金の話 (GBコアブックス)」をすこし読んだ。 「経済には根拠たり得る原則はなく、よって科学的には信用できない」というのは、経済学を学んだことのな…

お金をうしなうことの恐怖

お金がなくなることの恐怖については、私は、しばらくの間、それにとらわれていたように思います。 不思議なことに、養うべき家族が増え、責任がおもくなってからのほうが、その恐怖から解放されたようにも感じていますが、しかしそれは…

お金の「何」に価値を感じるのか?

以前、「お金にはそれ自体には価値がない」という記事を書きました。 今日はその続きで、では、人はお金のどんな部分に価値を感じるのでしょうか?ということについて考えてみましょう。 私の考えは、お金とは媒介である、というもので…

お金と時間

お金のために時間を使うのではなく、時間のためにお金を使うべきではないでしょうか?

お金にはそれ自体には価値がない

もしお金それ自体に価値がないと考えるならば、あなたの人生において重要な価値はなんでしょうか?

再考:お金(と仕事)について

確定申告の時期ということで、お金について考えていました。 また月に一回、仕事や健康や収入など “自分が維持していかなくてはならないこと(GTD 実践編でいうところの高度2000メートル)” につい…

Mac でよく使う家計簿系アプリとお金の取り扱いについて

結局、ツールはなんでもよかった 年末なのでお金の管理というか取り扱いについて見なおしてみました。 今までいろいろな家計簿アプリのようなものを試してみてちょっとハマったのが「やっぱり Mac からも iPhone からも更…

コツコツ積み立てるのは “お得” なのか?

すみません。 常識かもしれませんが知らなかったので紹介させてください。 家族が増えてお金のことをいろいろと考えるようになったのですが、例えば、「じっくりコツコツ積み立てる」と聞くとなんだか良いことをしているような感じがし…

お金は宗教であり共同幻想かもしれないが、私たちはそれを使わなくてはいけない

確かに、お金というのは宗教であり、共同幻想なのかもしれません。 少し長いですが引用しますので読んでみてくれますか?  金本位制の時代は、「このお札になぜお札として価値があるのか」と聞かれれば、「それはいつでも金と換えるこ…

「お金なんて悪魔のうんこだよ」

よくわからないけれども強烈な言葉、っていうのがたまにあって、私にとっては、ガブリエル・ガルシア=マルケスの何の本だったか忘れましたけれども、「お金なんて悪魔のうんこだよ」という一文がとても好きです。 たぶん、生きて、語り…

時間で買えるもの、経験できること

時間でお金を買う、ということについて考えてみたいと思います。 十五年くらい前に勤めていた会社はウェブ制作会社でしたが、当時は単に紙媒体を HTML 化するだけでそれなりの金額になりました。 例えば銀行にあるものすごい分量…

そもそもお金とは?

仕事と切っても切れない関係にある「お金」ですが、では、そもそもお金とは何でしょうか? このことについては、「知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)」という本に分かりやすく解説されています。