カテゴリー: 参考図書 1ページ/2ページ

GTD と瞑想

私の人生を大きく変えてくれたものは何か? といえば、それは「GTD である」といえます。

ライフワークの思想

ライフワークの思想 という本を読みました。 特に第一章が面白いですね。

小さなころを振り返る方法

小さな頃から好きだったことってありますか? 昨日の記事 農業やめて料理の道「人生、好きなことを」 では、還暦をすぎて、好きなことを仕事にするという決断をしたおばあちゃんのお話しを紹介しました。 では、私の好きなことってな…

好きであるとはどういうことか、夢とは何か?

「住む世界が違う」 実力的、競争の世界においてこれは便利な言葉だと思っていました。 このひとことで深く考えたり感じたりしようとすることを止めることができる。

理想と現実のバランスについて

自分のやりたいことを仕事にしていくこと、そしてそれを続けていくということについて「難しい」と思うことがあるとするならば、それは “バランス感覚” ではないかと思うことがあります。 ひらたーく言うな…

お金は宗教であり共同幻想かもしれないが、私たちはそれを使わなくてはいけない

確かに、お金というのは宗教であり、共同幻想なのかもしれません。 少し長いですが引用しますので読んでみてくれますか?  金本位制の時代は、「このお札になぜお札として価値があるのか」と聞かれれば、「それはいつでも金と換えるこ…

「超」文章法 伝えたいことをどう書くか

クライアントと話をしていて感じるのは、“考えていることを具体的にして、それを伝えるという段階でつまづく人が多い” ということです。 個人で仕事をしていて、一般顧客を獲得していこうという場合には、自分の伝えたいこと(メッセ…

好きを仕事に #9「書いて稼ぐ、書かずに稼げるか?」

確か 勝てば官軍―成功の法則 という本だったと思いますが、「広告には、イメージアップのための広告と売上をあげるための広告がある」というような記述があったと思います。 ちなみにこの本は藤田田(ふじた でん)という、日本のマ…

夫婦の性生活と自分の仕事

私は “ライフスタイルから仕事を考える” ということを提案していて、そのために “好きなことをいかして自分の仕事をする” ということを実践しています。 ライフスタイルから仕事を考えるわけですから、自分がどういうライフスタ…

もう一度、スマートノート:目的と価値観

2011年の3月15日より、「スマートノート」という本に紹介されているノート術を続けています。 いつもモレスキンのノートに書いていて、今回で四冊目、もっと自由に、もっと落書きっぽくしたくて、無地のノートにしてみました。 …

これから10年の事業の立ち上げかたのヒント

今、会社を辞めたとして、どういうやり方で独立していけば良いのか? いや、会社を辞める前にやるべきことがあるんじゃないのか? 2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書) には、それらの方法がシンプ…

「ひとりビジネス―転身・独立で幸せをつかむ」ひとりビジネスの実例とそのメリット・デメリット

ひとりでできる仕事、いわゆる “ひとりビジネス” にはどんなものがあるでしょうか? ひとりビジネス―転身・独立で幸せをつかむ (平凡社新書) に具体例が載っていましたので、いくつか紹介したいと思います。