「好きなことを仕事にするべきか否か?」

みたいな話をたまーに聞くのですが、好きなことを仕事にできてそれで稼ぐことができるのなら、それって普通に考えたら「いいなあ」と思うはずですよね?

このブログについて のページにも書きましたけれども、竹内均さんの言葉を借りるならば、それに加えて「他人から評価される」のであれば、それを「否」とする人はいないのではないでしょうか?

それで今日、2014年8月13日の読売新聞「NEXTらいふ」欄に素敵な記事が掲載されていました。

「人生、一度は好きなことばして生きんと」

現在69歳の福岡県の女性のお話しなのですが、農家に嫁いで40年間、合間に4人の子育てをこなし、6年前に料理店を開業されたそうです。

きっかけは、ご自身の健康面の変化で、その際に「人生、一度は好きなことをして生きないと」と、感じたとのこと。

いままでの農業収入は経費に消え、お小遣いもなく、なんとご自身の口座すらもったことがなかった。

そこで年金の繰り上げ受給に目をつけ、夫に離農を宣言。起業の相談を受けにいき、周囲の協力もあって開業。

現在では予約が途切れないほどの人気、とのこと。

単純に年齢で比較できるものではありませんが、これを読んで私は素直に「すごいなあ」と思いました。

うまくいえませんが、タイミングみたいなものもあったのかもしれません。また好きなことにチャレンジできているというエネルギーみたいなものもあるのかもしれません。

後悔はしないかも

振り返ってみれば、私も(独立して)自分で仕事をするようになってからは、(基本的には)好きなことをやれるようになったのですが、やっぱり「よかった」と思っています。

しかし、好きなことを仕事にして “はじめる” のはそれほど難しくはありませんが、“続けていく” のは簡単ではありません

それでも後悔のない人生、という意味では、巷間よくいわれていることではありますが、それも本当なのかな〜とも感じます。今のところは。

私はなにが好き?

ただ重要なのは、「私って何が好きなの?」ってところですよね。

これにはいろいろは本が出ていたり、セミナー?みたいなものもあるようですが、私がオススメするのは、次の2つ…

  • 小さい頃をよーく振り返る(小さな頃に純粋に興味を持っていたことって、いまでも好きなことが多いのでは?)
  • できる範囲で実際にやってみる(実際にやってみると分かることがすごく多い)

…です。

ちょうどお盆休みかもしれませんから、この機会にのんびりと振り返ってみるのもよいかもしれませんね。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。