最近はすっかり GTD について考えることも少なくなりました。

というのは良い意味で自分の身に付いてきたからではないか?と考えています。

ちょっと前まではいつも GTD の本をかたわらに置いておいて、わからないことがあればすぐに参照していました。

いまでは GTD はひとつの習慣となり、ほとんど意識せずとも実践できるようになったと思います。

しかしここまでくるのにかかった時間は予想以上のもので、おそらく2〜3年くらい…。

いろいろな原因が考えられますが、こと私の場合にかぎっていえば、それまでに私が身につけてきた方法とは大きく違っていた、ということがあげられそうです。

その考えかたの違いを理解できないうちは、どんなに手法やテクニックをとりいれても効果は限定的なものでした。

  • やるべきことに日時を設定しない、空いている時間とそのときの状況にあわせてできることをやる
  • ゴールから逆算するのではなく、いまできることを積みあげていく

…かなり極端に書いていますがこういった「GTD の特徴」を日々の生活にフィットさせていくのは、自分ひとりではなかなか難しかったのです。

それでもやっぱり GTD は、多くの人々の生活というか人生を大きく変えていく力のある、素晴らしい手法だと思います。

そして私のように、身につくまでにひとりで試行錯誤を繰り返している、という方も多いでしょう。

そのような意味で最近では、GTD に関する勉強会などを開いたり、参加したりしていく段階にきたのかな、とも感じています。

あんまり具体的ではないのですが、利害関係のないところで何かやってみたいかなあ。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。