iPad mini

前回の記事では iPad mini は「見る/読む」に特化した使いかたなら便利かも? というようなことについて書きました。

なので特に Kindle アプリを活用して読書をしてみた際の使用感などについて書いてみたいと思います。

まずいわゆる紙の本と電子書籍の違い、についてなのですが、これは “本の内容による” と私は感じています。

つまり、没入してしまうような面白い本であれば、紙であろうが電子であろうが関係ありません。繰り返しますが、内容さえ面白ければ、どっちだって構わない、ということです。

面白ければどっちでも良い

これは私にとってはちょっと面白い発見でした。例えば音楽だったらアナログとデジタルで「音質がー」みたいな話にもなるのかもしれませんが、本の場合はそういうの関係ないのかな、と。

少なくとも私はそう感じています。

そのうえで、iPad mini ならではの良さをあげてみるとするならば、やっぱり “サイズ” ということになると思います。(まあそれくらいしか特徴がないですしね)

読書するには良い感じですし、暗い場所でも手軽に読めるというのはやっぱり便利です。

私は主に Kindle アプリで読書していますが、他の端末と同期がとれるというのも便利です。例えば寝室で iPad mini で途中まで読んだ本が、次の日は iPod touch でそのまま続きを読める。

まあもちろん手作業で「どこまで読んだっけ」とページをめくっても良いんですけれども、こういったちょっとした便利な機能のおかげでいわゆるスキマの時間を活用しての読書がしやすくなったと感じました。

少し前になりますが iBook Store もオープンしたみたいですし、もしも mini を電子書籍端末プラス、ネット、メール、SNS…くらいに使うとしても、そこそこ満足いくかなあ、と思います。

本の買いかたの変化

またこれは間接的な利点といえるのかもしれませんが、本を買っても場所をとらないというのはやっぱり大きいです。

私の場合、場所をとらないということは “整理する必要もない” ということなので、単なる置き場所の問題のみならず、それにまつわるさまざまな精神的/肉体的作業から解放される、ということが大きいのです。

ですから最近では本の買いかたについても、まず Kindle ストアなどをチェックしてから、というように変化してきています。価格も少しだけ安いですし。

しかしそれでも、いやだからこそ、時間を気にせずに本屋をぶらぶらするというのは楽しみであり、喜びでもありますね。

好きな本はモノとして所有したい、という欲はどうもなくならないようです。

そういえばこの間、気づいたのですが最近の本の奥付にはこういう表記があるんですね

関連する記事

今までの記事をまとめてみました。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。