Google Reader

昨日はあまりにも花粉症の症状が辛いのでそれに関する記事を書いたのですが、どうやら花粉症プラス、風邪だったようです…。

どうりで頭が痛くて寒気がすると思った。

ま、それはそれとして、昨日、「2013年7月1日をもって Google Reader が終了しますよ」、というニュースがネットではかなり話題になったようですね。

Google Reader っていうのは RSS をウェブ上で読むためのサービスで、RSS っていうのは簡単にいえば “ブログの更新通知” です。

RSS 自体はとても便利ですよね。

何が便利かっていうと、“いつ更新されるかどうかわからない、でも更新されたら絶対に見にいきたいお気に入りのブログの更新情報が確実にゲットできる” というところです。

こういうのは RSS の得意技で、おそらくですが他のサービスではなかなかできないのではないかな?と思っています。

ホームページ時代のように、毎日、訪問して「ああ、今日も更新されなかったか」とがっかりするのもまた一興とは思いますが、RSS を活用すれば、良くも悪くもそういう想いをすることはなくなりますよね。

ただ Google Reader など RSS がいまいち広まらなかったというのは、ひとえに登録がメンドクサイ、ということにあるのではないでしょうか?

以前、奥さんに「こういう機能があるんだよ」と Google Reader のことを教えたのですが、いまだにブラウザのお気に入りに “巡回” というフォルダをつくって、日々、お気に入りのサイトを巡回しているというのは、やっぱり登録がメンドクサイみたいなんですよね。

で、たぶん普通の人っていうのはそうなんじゃないかなあ、とも感じました。

情報収集について

さて RSS とか Google Reader を “情報収集のツール” みたいに考えていらっしゃる人も多いようなのですが、私としては先ほどお話したように、あくまでも “お気に入りブログの更新を確実にゲットできるモノ” としてとらえています。

その結果としてそれが情報収集になるのであれば、それはそうなのかもしれませんが、それは主たる目的ではなく。Google Reader をみるのは、どちらかというと “暇つぶし”、良くても趣味とか娯楽に近いですかねえ…私の場合は。

じゃあどうやって情報収集しているのか?といいますと、単に検索するだけです。

知りたいと思ったら知りたいことを検索する、それがいちばん確実で効率的と思うのですが、いかがでしょうか?

Twitter ですごいと思ったところ

ただし「これは検索よりもすごいな」と思った体験を最近、Twitter でしています。

といっても私はほとんどつぶやきませんし、基本的に趣味の海外のサッカーの話題を追いかけているだけなのですが…

  • 海外のサッカーのニュースを速攻で訳してツイートしてくれる人がいる、しかも割りとたくさんいらっしゃる
  • 外国のサッカーファンをフォローすれば、言葉の壁はあれども、現地のニュースを素早くゲットできる

…これには本当に驚きました。

例えば選手の移籍。

外国の方のアカウントをフォローしておけば、「選手の代理人が今、チームのオフィスに出向いたところだ」というようなニュースを現地の写真付きで紹介してくれたり。

それに海外サッカーのニュースを訳してくださる方というのは、本当にマメな方ばかりで感謝するばかりです。

リアルタイムってすげー、と素直に感じました。

こうなっちゃうと単なる情報を流すだけの雑誌とかニュースサイトっていうのは、本当に “ながめる” だけで済むようになってしまいますよね。

まとめ

RSS 自体は、Google Reader が終了しても他のサービスがあるので問題ないと思います。

なんとなくですが、RSS は終わった、とか、もう RSS は使わなくても大丈夫、みたいな記事を見かけたりもするのですが、それぞれのサービスにそれぞれの良さがあると思うので、短絡的に「もう終わり」とか「もう使わなくても大丈夫」というようにはならないはず。

それぞれの特徴をきちんとつかんで、うまく使いこなしていくという方向性を考えていけると良いのではないでしょうか?

そのうえで、なんだかんだで “好き・嫌い” もありますから、嫌いなものは使わない、好きなものはよく使う、でいこうと思っています。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。