先延ばし、ということについて。

これは決して悪いことではないと思っています。

なぜならやるべきことがたくさんあるので、優先順位などを考えたうえでどれかは先延ばししなくてはいけないからです。

例えば重要なことを先にやって、重要でないことを先延ばしにすることにより効率がアップした、ということもあるかもしれません。

ですので、なんでもかんでも先延ばしは良くない、というわけではない。

気持ちの問題について

問題になるのは、なんとなく気が乗らないとかやる気がでないとか言って、やるべきことをやらなくちゃと思いながらも先にのばしてしまっているというパターンではないでしょうか?

これは先に書いた優先順位を決めるというような戦略的なものではなく、気分的・感情的な問題にとらわれてしまっている、ということだと思います。つまり、悪い意味での先延ばしというのは、感情的な部分に原因があるといえるのではないでしょうか?

もしかすると、私のように個人で仕事している人間というのは、このあたりの認識がかなり “甘い” かもしれません。なぜなら嫌な、または嫌そうな仕事は最初からやらないで済む場合がほとんどだからです。

やりたくないことは、やりたくない

とはいえ、それでもやっぱり “気が乗らなそうなことはあらかじめできるだけ避ける” という心がまえが大切なのではないかと思います。

私の少ない会社員時代の経験でいえば、誠実かつ一生懸命であろうとすることにより、なぜか気の進まない仕事ばかりを引き受けてしまう、というような経験もありました。今はもう大人になってしまったのかもしれませんが、もし今、同じ体験をしたとしたら、私は誠実さと一生懸命さというものを時と状況に応じてコントロールしようとすると思います。

またすでに何度か書いていますが、 “誰かに振る(やってもらう)” ということも意識しておくと良いと思います。

なぜならば、私にとって気の進まない仕事は、あの人にとって “やりたかった仕事” である場合もあるからです。または、ここまで理想的ではなくとも、「別に嫌じゃないしいいよ」という可能性は結構、高いはず…。

なぜやりたくないのか?

しかし、それでも自分がやらなくてはいけなくなってしまった場合には、なぜ気が乗らなくてやる気がでないのか? について考えてみましょう。

そもそも何をやるべきかが具体的にはっきりしていない
それに対する報酬が少ない

…大まかに分けてこの二つなんじゃないかと思います。

あいまいさを回避する

何をやるべきかが具体的にはっきりしていない、というのはなんだかバカらしいかも知れませんがよくあることで、例えば「田中さんにメールをする」というタスクがあったとき、仕事におけるちょっと重要なメールなんかだと、実はその前に「重要な要件をどのように伝えるか考える」というようなタスクが必要な場合があります。

しかしこのことについてはっきり具体的になっていないと、それが重要なメールであるからこそ「なんとなく気が乗らない」という気持ちになってしまう、というわけです。

ちなみにあいまいなタスクを明確化するには、私は “マインドマップ的” なノートを書いてみる、というのが良いと思っています。手書きではなくともソフトウェアなどでも効果はあります。

自分で自分に報酬を与える

報酬の少なさというのは単にお金のことだけではなく、気持ちの問題も含みます。これも私の勝手な予想ですが、精神的な面と物質的(お金)な面の両方において充分な報酬を得られるというのであれば、気が乗らない仕事っていうのは実はほとんどないんじゃないかと思っています。

しかし現実にはそうはいきません。何しろ感情の問題であるのであれば、感情というものはあやふやではっきりしまいものですから、気づいたら気の進まない仕事を引き受けていた、ということもよくあることだからです。

このような場合は自分で自分に報酬が与えられるように、そのことの意味を変えてあげる必要があります。なぜなら自分で自分に報酬を与えられるような仕事(好きとかやりがいとか自己実現的な)は先延ばしにしないからです。

他人から頼まれたことなんだけど、それをやったら経験値がアップするとか、ネタになるとか…。

まあ難しいですし忍耐が必要だし限界もあるかもしれませんが、工夫しないよりかは良いかもしれません。

まとめ

最後になりますが、 先延ばししなことによるメリットというのは、実はたいしたことない、と、感じています。

なぜなら最初に書いたように、あることを先に伸ばして別のことをすることにより、全体として効率がアップしたり生産性が高まったりすることがあるからです。

ですが、先に伸ばししないことによって何か損をすることがあるかというと、状況にもよりますがほとんどの場合、そういうわけでもないと思います。

重要なことは、先延ばしをさけるためにものごとを具体的にはっきりさせる(癖がつく)というところだと思っていて、これができるようになるだけでも気持ち的にはかなりスッキリしますし、結果として気の進まない仕事が減ってくる傾向にあると感じています。

関連する記事

今まで似たようなことを何回か書いてきましたが、やっと自分なりに結論が見えてきそうです。とりあえず今までの関連しそうな記事を紹介しておきます…

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。