今日、明日あたりで仕事おさめという人も多いかもしれません。

年末というのは大掃除をしますが、なんとなくいろんなことを整理したり、思い切って気分をかえたりするのにはちょうどよいタイミングのようにも思えます。

例えば自分の部屋が汚れていて、散らかっている。

それをキレイにして、いらないものは捨てるなどして、ひとつひとつ整理整頓する。

状況のコントロールができるようになると、将来を見通したくなる

すると次第に、「あそこにはこんな雑貨を置いてみたい」とか「このスペースはこんなふうに使いたい」というような気持ちが湧いてくることがあります。

ものすごく大雑把ですが、書籍「ひとつ上のGTD」 でいうところの “状況のコントロール(GTD の5つのステップ)” とはこのような部屋掃除と整理整頓に似ています。そしてもちろんこれはあなたの部屋だけでなく、脳味噌の中でも起きる、ということです。

“脳味噌の中” というのは曖昧な表現ですので言い換えれてみれば、“心や感情がクリアになる” とか、“人生全体がクリアになる” とかいった感じです。そしてクリアになれば次は、「ああしたい」、「こうしたい」という気持ちがきっと湧いてくるはずなんです…

…が、まあ、もしかしたら私だけなのかもしれません。

私はできるだけ丁寧に GTD を実践することを心がけてきました。

その結果、少しずつですが状況をコントロールすることを身につけることができるようになり、今は、「将来はこうしたい、ああしたい」という、より積極的なものごとを考えることができるようになってきました。

もし私がもう少し若ければ「こうしたい、ああしたい」という気持ちを “夢” とか “目標” と表現していたかもしれません。「夢をかなえる」とか「成功する」とか。

しかし私が思うに、GTD はもっと現実的で具体的なものです。私は成功哲学とか引き寄せの法則?みたいなスピリチュアルみたいなものとか、夢とか成功みたいなものには詳しくありませんが、年末だし思い切って言っちゃえば、GTD っていうのはもっと実践的に強力な威力を発揮するツールでありシステムであり考えかたです。

つまり、哲学であり法則であり、宗教である。

ちょっと言い過ぎましたね。とにかく私が伝えたいのは、夢とか成功とか幻みたいなものを追いかけなくても、もっと現実的なやりかたで進んでいける方法もあるよ、ということです。

ええと、夢や成功を追いかけることが悪いっていうんじゃなくて、無理にそういうのを追いかけなくっても人生や毎日の暮らしがもっとよくなる方法があるかもよ〜?っていうことです。

まとめ

ひとつ上のGTD」では、状況のコントロールという従来の GTD の5ステップの他に、6つのレベルから人生を見通すということについて詳しく書いてあります。

この6つのレベルから将来を見通すということを実践していってみると、「いつかやる/たぶんやるリスト」もアップデートされていくように感じます。

まあそれはそうですよね、将来の見通しが良くなれば、やりたいこともより具体的になっていくでしょうし。

GTD というと、どうも5つのステップ(状況のコントロール)ばかりに注目が集まってしまっているようです。しかし来年は私も、その “ひとつ上” について追求していきたいと思っています。

それは、あえて若者の気分でいえば “夢を追いかける” ということになるでしょうし、現実的には “より人生を楽しむ、味わう” というようなニュアンスになってくると予想しています。

ぜひ一緒に頑張りましょう。というか、楽しめるように頑張りましょうね。

関連する記事

とりあえずサイドバーから GTD 関連の記事を読んでみてください!

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。