結局、ツールはなんでもよかった

年末なのでお金の管理というか取り扱いについて見なおしてみました。

今までいろいろな家計簿アプリのようなものを試してみてちょっとハマったのが「やっぱり Mac からも iPhone からも更新できたほうがいいんじゃないか?」ということ。

いわゆるクラウドタイプ、とでも言うのでしょうか?

こういったアプリはいくつかありますが、私が試してみたのは

Squirrel

Squirrel

MoneyWiz

Moneywiz

どちらもそれなりに便利です。

特に Squirrel はレポート集計が細く設定でき、いろいろな数値をさまざまな角度から分析できるので便利でした。しかし iCloud 対応にバージョンアップされたときにいつの間にか Mac App Store に登録されていたようで、以前からのユーザーのためにちょっとの間キャンペーンするからもう一回購入してねみたいな話になり、どうしようか迷っているうちに正規の値段に戻ってしまいました。

MoneyWiz はこれに比べてレポート機能が貧弱です。しかし見た目も綺麗だし、そこまで細かなレポートはいらないという人には向いているかもしれません。残念なのは、やたらと落ちるという点です。私の環境だけかもしれませんが…。

MasteMoney2

堅実なのは、MasteMoney2 というアプリかもしれません。

これはクラウドで同期させるということはできないようですが、代わりに複数のアカウントを持つことができます。例えば、個人のこづかい帳・家族の家計簿・仕事の入出金記録などの別々のアカウント(ファイル)を保存できます。

また動作も安定しています。先ほども書きましたが、MoneyWiz はよく落ちるし、Squirrel でもそのようなことがありました。

いま私は、家計(含む仕事)を MoneyWiz で、個人のおこづかいを MasterMoney で管理していますが、いろいろ使ってみて思うところは、消去法的にいくと、MasterMoney がいちばんかなあ、というところです。

ツールやアプリよりも先に考えておくこと

それぞれのツールはそれなりに便利なのですが、毎日の入出金を細かく記録していてもあまり意味がないと私は考えています。なぜなら、お金は管理するだけではなく、その取り扱いを決めないといけないからです。

例えば、子供の養育費としていくら、税金の支払いのためにいくら、娯楽のためにいくら、旅行のためにいくら、何も考えず自由に使えるお金はいくらというように予算を組んでおくということです。まあ要するに収入を振り分けていくだけなのですが、いくつか気づいたコツがあるのでご紹介したいと思います。

必要なお金は何か?

当たり前ですけれども、まずは必要なお金、支払いは何か?ということをリストアップしなくてはいけません。

  • 税金(市民税・車両税・固定資産税・所得税など)
  • 公共料金など(電気・ガス・水道・通信)
  • 家賃
  • 子供の養育費

下記の記事を参考にして考えました

公共料金など毎月ひかれていくものは別として、子供の養育費とか、一年に一度やってくる税金の支払いなどは、月割にして毎月ちょっとずつ貯めていくようにします。

そのために、まずは自分がどんな支出・支払いをしているか?ということについてしばらくの間、意識を向ける必要があると思います。

個人的には税金の支払いなどがやっかいで、なぜなら忘れたときにドーンとやってくるからです。(普通の人は覚えているのかな?)このあたりまでをきちんと把握するには、結構、時間がかかってしまいました。

また支出・支払いに意識を向けてみると、いかに毎月(毎年)定期的に支払っているお金が多いか、ということにも驚かされました。月額課金制っていうのは怖いですね。

どうやって管理するか?

取り扱いを決めたあと、はじめてそれをどうやって管理するか?というところについて考えていくのですが、私の場合すごくシンプルに

  • 用途別に口座を用意する

というごく原始的な方法をとっています。まず入金・出金の中継地点となるような口座をひとつつくって、それ以外に

  • 子供の養育費のを貯めるだけの口座
  • 税金支払のためだけの口座

…などなどをつくります。

あとは毎月、貯蓄用の口座に(メンドウだけれども)お金をうつす、ということを地道に行なっていきます。

いまの時代、銀行にお金をおいておくだけなんてモッタイナイんじゃないか?という考えもあると思いますが、投資については少しずつ実践中という段階だし、とりあえず今はお金の運用というよりも管理や取り扱いに慣れるということを優先させたいので、メンドウだけど上記のようなカタチにしています。

GTD システムでお金を管理する

最後になりますが、ストレスフリーの整理術 実践編 を読みますと、「将来への見通し(6つのレベルの見通し)」の高度2,000メートルに「注意を向けるべき分野と責任を負っている分野」というものがあります。

これは GTD の通常の5つのステップとは別に、6つのレベルからあなたの人生を見なおしてみよう、そして将来への見通しをたてよう、というものです。

参考記事はこちらを見てください。

実はこの「注意を向けるべき分野と責任を負っている分野」に “家計” というものが例としてあげられています。そしてこの分野は、目安として月に一度、見直すこと、となっています。

ですから、上記のお金の取り扱いがきちんとなされているか、ということを毎月、確認するのにちょうど良いわけです。

さっそくEvernote に「注意を向けるべき分野と責任を負っている分野」というノートブックをつくり、その中に「家計(資産管理)」というノートをつくりました。

このノートに毎月の貯蓄額を書き込んでいくことにより、Evernote に情報を一元化することもできますし、資産の状況もすぐに分かるようになります。

結果として、子供の養育費はきちんとたまっているのかな、とか、来年の税金の支払のためのお金は大丈夫かな、などなどがクリアになっていきます。

まとめ

このような管理と取り扱いをしていきますと、結局、重要なのはツール(アプリ)ではなく、お金をどのように取り扱うか?という自分自身の考え、プランニングであるということに気づきました。

まあ、当たり前といえば当たり前ですけれども、自分はどう生きていきたいのか?そして家族としてどういう暮らしをしていきたいのか?というところを観念や希望だけではなく具体的に考えていくということができてよかったと思っています。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。