Skype

前回の記事「ケータイのない生活」の続きです。

解約した iPhone4 ですが、おかげさまで音楽を聴いたり、私のギター演奏を練習の一環として録音するのに使ったり、眠る前にベッドの中でダラダラとネットを見たりするのに使っています。

とはいえ解約してしまったので自分自身の “電話番号” というものがなくなってしまうのはもしかしたら(私と連絡が取れないということで)不便に思う人もいるのではないだろうか?と、考えて、まずは Skype の “オンライン番号” なるものを取得してみました。

3ヶ月で2250円(1年間の場合は7500円)とのことです。

このサービスで取得した番号は Skype がインストールされているデバイスであれば、世界中どこからでも電話を受けることができるそうで、いってみれば “番号の使用権利” みたいなものでしょうか。

それ以外の Skype のサービスについて

どうやら Skype は通話料が安いらしいです。とはいえ料金プランが少し分かりにくい。これは大きく分けて2種類あり…

  • プリペイド
  • 月額

のどちらかを使用頻度に応じてどちらかを選択することになるようです。

さらにややこしいのが、“月額プランを選択してくれると、上記のオンライン番号の料金を半額にしますよ!” というキャンペーン割引があることです。

あと気をつけなくてはいけないのは、プリペイドの場合は前払い制なので、1500円分くらいの “Skype クレジット” と呼ばれるポイントをあらかじめ購入しておいたほうが良いでしょう。Skype 同士は無料ですが、プリペイド制を活用して取得したオンライン番号から固定電話や携帯電話に電話をかける際には、Skype クレジットが必要になるからです。

というわけで、プリペイド+オンライン番号であれば、1500円+2250円が、実質的にかかる初期費用と言えそうです。月額プランの場合は初期費用はもっと安くなるはずです。

下記の記事が参考になると思います。

オンライン番号とはいうものの…

しかしオンライン番号取得後、こちらから携帯などへ電話をかけてもなぜか “非通知” になってしまうこともあります。

Skype は便利なサービスと思いますし、詳しい事情はわかりませんが、この “オンライン番号” については2012年11月現在のところ、私も同じような状況です。

IP-Phone Smart について

次に月額基本料0円で 050 からはじまる番号がもてるサービス “IP-Phone Smart” に登録してみました。

こちらは登録は簡単なのですが、ちょっとだけややこしいのが “iPhone で使うためのアプリは別会社が提供しているアプリをダウンロードしてインストールし、そのアプリに IP-Phone Smart 登録後の情報を設定する必要がある” ということです。

現在のところ日本では AGEphone というアプリ一択になるようです。

私が使ってみた感じでは、先ほどの Skype のオンライン番号のような “非表示” は今のところありませんでした。

設定方法などは下記の記事を参考にさせていただきました。

まとめ

通話をするということに関しては、他にもさまざまなアプリがあるようです。

ですがいろいろ調べてみて分かったのは、どれも一長一短なんじゃないか、ということです。

今回、Skype と IP-Phone Smart の2つに登録してみましたが、これは個人用とビジネス用に分けたかったのでやってみました。

正直な話、電話はほとんど使わないのですが、やっぱりまだあったほうがいいと思っていまして…。

ひとつだけ良いなと感じたのは、こういったサービスをうまく活用すると、端末はひとつなんだけど複数の番号を扱える、ということです。これはなんとなく、気分が良いです。

関連記事

このシリーズの過去記事です。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。