よく「生産性を高める」などといいますけれども、私自身は、「一体何を持って生産性が高まったのか?」というところがよくわからないことがあります。

しかし似ているようでちょっと違うのが “無駄を省く” という考えかたで、「無駄のない時間の使いかたができたかどうか?」というように考えてみると、いろいろと気づくことがあります。

上記の記事を読んだだけでは生産性の高い人間にはなれないと思いますし、記事自体、単に箇条書きで紹介されているだけ(原文もそんな感じ)…というなんとも不親切な記事です…

しかしちょっとびっくりしたのは、すでに私が実践していたことが意外とたくさんあったので、補足として勝手に書いてみたいと思います。

1. 1時間早く起きる。

これは不思議です。早く起きても遅く寝ても同じ一時間。しかしなぜか早起きしたほうがはかどる気がします。おそらく眠って目覚めたばかりの頭というのは、余計な思考のゴミ・ホコリみたいなものが少ない状態なのでしょうか?

 

2. 日曜の夜に1週間の計画を立てる。

私の場合は GTD でいうところの “週次レビュー” を週末にやっています。これは1周間の計画を立てるというより、来週1週間の見通しを立てておく、というニュアンスです。見通しを立てておくということは、計画通りにいかなくても柔軟に対応できるような準備をしておく、ということです。

 

3. 「NO」と言う。無視する。自分が成し遂げようとしていることだけに集中する。

これもそのとおりと思います。ただし無視するというのは、個人的にはあまりおすすめできないと思います。場合によっては訴えられるなど面倒なことに巻き込まれる可能性もゼロではないからです。私としましては、無視するよりされる方向にもっていくほうがベターなのでは?と、感じています。

 

7. 1日の計画を、重要度順に立てる。簡単なこと、些細なことは後回しにする。

これも上記の2番と近いのですが、1日の計画を重要度順に立てる、というよりも、1日の見通しを立てておく、ということのほうがより良いのでは?と、思います。なぜなら計画を立てたそのときには重要なことであったとしても、午後にはそうでなくなっている可能性があるからです。そんなときでも柔軟に対応できるよう、見通しを立てておく、ということです。

 

8. とにかくミーティングを避ける。どうしてもの場合は、1つだけ具体的な結果を得るようにする。

これも良いと思います。私の個人的な経験上、ミーティングというのは時間がかかる割には内容が薄いです。他にあまり経験がないのですが、必要事項をメールでやりとりするほうが効率的ではないかと感じています。ただし、ごくたまに、もしかしたら相手次第によってはミーティングというのも重要なのかもしれない、と思うこともあります。

 

10. Leechblock(Firefoxエクステンション)やNanny(Google Chrome)を使って、ソーシャルメディアなどのサイトを使えない時間をつくる。

これなんですが、ソーシャルメディアなどを使えない時間をつくるというよりも、そもそもソーシャルメディアとか飽きてきている人のほうが多いのではないかと思うのですが、どうなんでしょうか。

 

11. 1つのアクティビティに集中して取り組むため、30分のインターバルでタイマーをセットし、1分間の休憩を挟んで再度集中力を高める。

このような時間で区切る方法というのは、私には合いませんでした。ただし集中するために BGM を流さないで静かな部屋で作業する、というのは自分にとっては効果的でした。

 

12. 2時間ごとに10~20分の休憩をとり、好きな曲を聴いて踊ったり、腕立て伏せをしたり、外の空気を吸うなどする。

こちらも同じ。このような時間で区切る方法というのは、私には合いませんでした。ただし、休憩時間に好きな曲をかけるとか、あと深呼吸するというのは良いと感じました。

 

14. 自分が達成しようとしているものをしっかりと認識する。

これも GTD を実践することにより、認識できるようになりました。

 

15. 気力を高めるため、仕事中はアップテンポの音楽をかける。

これは私の場合は逆でした。私は一度にひとつのことにしか集中できないので、音楽をかけるのも苦手です。ごくたまにクラシック音楽を小さな音でかけることはあります。

 

16. 邪魔な思想はアイデア・ノートに書き込み、1週間後にもう一度見直す。

ノートに書き込むというのはとても有効だと感じました。昔は万年筆を使って気分を高めよう!とかやっていましたが、今は無印良品の細身のペンが使いやすいと感じています。

 

17. 自分が何を達成したかを記録する。

厳密に言うと達成したことだけではないのですが、GTD を実践するにあたり “完了” させたことはすべて記録できるようになっています。ただし私の場合、個人的に達成してしまったことには興味をもてず、また過去を振り返ることもほとんどないので、とりあえず記録してある、という感じになっています。

 

18. 何が重要で何が重要でないかを理解する。

これも GTD で実践していることです。

 

19. 先延ばしにするのをやめて、とにかくやる!

これも確かにそのとおりと思っています。ただ “とにかくやる!” というのは、基準としては曖昧だしあまり効率的でないような気がしています。GTD では「2分ルール(2分以内にできることはその場でやる)」というのがあります。実際に2分でできるかどうかというのは別にしても、このほうがより効率的と感じました。

 

20. TVを捨てる。文字通り、庭に埋める。

テレビはあっても良いと思うのですが、自然に見なくなりました。面白い番組も中にはきっとあると思うのですが、それを見つける方法がよく分からないし、それを見つけるための手間を考えるとあまりお得ではないような気がする、というのがその理由です。

 

21. インターネットをオフにする。書き物をしていたり、何かを作成している場合は、オフラインの環境に身を置く。

これに関してもテレビと似ていて、インターネットをオフにすれば良いかというとそういう問題ではないのでは?インターネットにつながっていても構わないのですが、上記10番のように、ついついソーシャルメディアで遊んでしまうなどの “使いかた” に気をつけるべきと考えています。

 

22. 外注する。時間をかけて自分でやるよりも、人に頼んで短時間で仕上げてもらう。

これは今後の目標です。

以上です。抜けている番号はまったく実践したことがありません。

みなさんは実際に実践してみてどんな感じでしたか?

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。