Tree

Tree という Mac で使えるアウトラインプロセッサをご紹介したいと思います。

横に伸びるツリー表示が特徴で、動作も軽快、シンプルで使いやすいです。

私は書くことが嫌いではないのですが、同じ “書く” でも、日記、ブログ、そして見込み客から売り上げをあげる文章を書くということは、それぞれ違っているのでは?

具体的には、こんな感じ…

  • 日記:ダラダラ、好き勝手に、正直に
  • ブログ:ネタと鮮度で勝負
  • セールスレター:しっかりとした調査、メッセージを伝える情熱、相手の目線で考える

…これはあくまでも私の中での住み分けで、余談としては、私のブログはネタっぽくないし、鮮度も古いのではと自分では思っていまして、それでも読んでくださる方がいらっしゃるようで嬉しいです。

忙しい中、読んでくださっているのでしょう。Pocket などの “あとで読む” サービスに登録してくださって保存してくださっている方もおられるようで、どうもありがとうございます。

それで話はもとに戻りますが、先にご紹介した Tree などは、特に見込み客から売り上げをあげる文章(セールスレター)に使いたくなるようなアプリです。

プロジェクト・プランニングに Tree を活用する

以前、プロジェクト・プランニングの5つのステップについてお話をしました。

プロジェクト・プランニングの5つのステップについては「ストレスフリーの整理術」p.70 に書いてあります。

  1. 目的と価値観を見極める
  2. 結果をイメージする
  3. ブレインストーミングをする
  4. 思考を整理する
  5. 次にとるべき行動を判断する

私はこの5ステップはすごく効果的だと実感していますが、これはセールスレターを書く際にも活用できる部分があります。

今度は「究極のセールスレター」という本から引用してみます。

私はよく、情報カード一枚に一項目ずつ書いていく。そうすれば全部書き出してからシャッフルして、重要度に応じて分類できる。一枚の紙にリスト化するよりもこのほうが私には便利だ。(中略)これはブレインストーミングと本質的には同じこと。

究極のセールスレター ダン・ケネディ(東洋経済新報社 2007)

ここで引用させてもらった内容は、プロジェクト・プランニングの5ステップでいえば「3」と「4」とほぼ一緒です。

そして私が “Tree” というシンプルなツールを気に入っているのは、この「3」と「4」を手助けしてくれるからです。

ブレインストーミングの結果としてでてきたキーワードを、このようなツリー構造にまとめるということは、レターを書く際の地図を手にしたようなもので、ちょっとした安心感がありますね。

またツリー構造にしておくと、“思考の中断と再開がよりスムーズになる” という実感があります。

おそらくパッとみて、どこまで考えたのか?ということが、普通の文章に比べて視覚的にも分かりやすいからかもしれません。

今回、記事にしたようなことは、もしかしたら文章をよく書くような人々には当たり前のことなのかもしれませんが、、どこかの誰かの参考になれば嬉しく思います。

関連記事

プロジェクト・プランニングの5ステップについて。この5ステップの考えかたは、悩みや不安の解決、夢や希望を叶えるためにも使えそうです。

参考書籍・サイト

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。