私にとって人生の何分の一かを犠牲にしてもよいものといえば、やっぱり家族です。

ですから大切ランキングでいえば、まず自分、次に家族。

といってもこれは昔からそう考えていたわけではなく、結婚して子供が生まれてより実感するようになったともいえます。

何にしても自分のライフスタイルにとって家族というものは重要な要素なので、仕事も自宅で時間の融通のきく仕事をしているわけです。

なんだかんだいって、“いわゆるノマド的なライフスタイル” に憧れない人って実はあんまりいないんじゃないか? と思いますが、実際問題として限られた人にだけ許されたライフスタイルであることは確かです。

それは前回の健康に関することしかり、今回の家族に関することしかり。

世界は広いので、子供を引き連れてまさしく遊牧民のように世界を放浪しながら暮らしている人たちも、私の想像以上に多いのかもしれません。

でもやっぱり私には無理だなあ。幼稚園はどこにしようとか、そういう現実的な問題を考えているほうがまだ安心感があるし。

快適な住環境を確保したうえでの放浪

…というわけで目下のところ私が考えているライフスタイルがこれ。

  • 自宅という基本となる(快適な)衣食住を送れる場所があって、それとは別に仕事のための事務所をもつ。さらに月に一回くらいは日本各地を旅行して、年に一回くらいは海外旅行もしたい。

えーと、なんだかぜいたくかもしれませんが、目指すのタダなので。

つまり私がいいたいのは、自分にとって家族にとって快適な衣食住を送ることのできる自宅という場所があって、そのうえでフラフラするのって楽しいよね、ということです。

あまり無責任なことはいえませんが、たぶん、やろうと思えばそれほど難しくなく実現できるはずです。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。