私は “ライフスタイルから仕事を考える” ということを提案していて、そのために “好きなことをいかして自分の仕事をする” ということを実践しています。

ライフスタイルから仕事を考えるわけですから、自分がどういうライフスタイルを送りたいのか?ということについてもある程度、明確にしていくことを心がけています。

とはいえ私が自分のライフスタイルについて望むことは、割りとシンプル……だと自分では思っています。

食欲、性欲、睡眠欲。

基本はこの三つです。自宅でおいしいご飯を食べることができて、エッチなことが楽しめて、ぐっすり眠れる。私の経験値的にはこの三つが満足できればかなり幸せなんです。

というわけで「プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準」という本を読んでみました。

この本は、いわゆる “お尻の愛撫の仕方” みたいなテクニック本ではないところが素晴らしいです。多少、そのような内容も掲載されていますが、根本としてはシンプルで、 “エゴを捨てること、身も心もさらけ出すことがセックスの秘訣である” ということです。

なぜなら、オーガズムとは、制度の世界で自分を自分たらしめている自我=エゴから自分自身を解放する、<エゴの崩壊>であり<エゴの死>であるのだから……。

プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 代々木 忠(幻冬舎アウトロー文庫)

性生活と好きな仕事について

私が考えるのは、良い夫婦生活がそれ以外の生活にも与える影響について、です。

つまり “エゴを捨てる” ということは、より自分の本質に近づくことであり、それは一見、関係ないように思われるかもしれませんが、仕事に対しても良い影響を与えるのではないでしょうか?

言いかえれば「裸で、そして本音で勝負できるのか?」というような。

セックスにおいても、仕事においても、これって重要なことだと思うのですが、どうでしょう?

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。