2011年の3月15日より、「スマートノート」という本に紹介されているノート術を続けています。

いつもモレスキンのノートに書いていて、今回で四冊目、もっと自由に、もっと落書きっぽくしたくて、無地のノートにしてみました。

それで四冊目に入ったということで以前のノートをちょっと見返してみたのですが、、うーんなんていうのかな、いつも同じようなことを書いていますね。

でも逆にいえば、やりたいことが一貫しているのかな、とも感じるし、そういう意味ではゆっくりとだけれど前に進んでいるのかも…

こうやってノートをとっておくのは楽しいですね。たぶん、役に立つとか効率がアップするとかよりも、私にとっては楽しいという理由がすごく大きいでしょう。

一時期、“Evernote にライフログを” みたいなのも試してみましたけれど、自分にとってはあんまり面白くなかった。

結局のところ、記憶しているもの、考えているものを “どう語るか?” ここが楽しいのだと思います。

目的と価値観

というわけでこのブログ記事も最初にスマートノートで下書きをしてから書いているのですが、“そもそも何のためにノートをつけているのか?” ということについて考えてみると、私にとっては、

  • 人生をより楽しむ方法を見つけるため

ということになります。

逆にいえば、スマートノート術というのは、これくらいのテーマも抱えられるくらいのノート術なのかもしれません。

そしてこのテーマは、ノートの中だけではなくて、人生全体、普段のライフスタイルから仕事や子育てにいたるまでの私の価値観でもあります。

目の前にあることを、より楽しんでやっていくのはどうしたらいいのか?

いつもそればかり考えているような気がします。

ただ、このようにテーマがはっきりとしていると、やるべきことはクリアになりますし、判断するのに迷うことが少なくなります。

私はスマートノートをおすすめしますけれども、もしも難しいな、と感じた場合は、まずは目的と価値観をしっかり見極めるということからはじめてみると、分かりやすくなるかもしれませんね。

まとめ紹介「起業や独立や副業を考えている人が絶対に読むべき本10冊」

そういえば、NAVER まとめに「起業や独立や副業を考えている人が絶対に読むべき本10冊」というのがありましたのでご紹介しておきます。

http://matome.naver.jp/odai/2134717284188640901

私はこういうビジネス本よりも、以前「私がノマドになれない理由(腰痛改善編)」という記事で紹介した、健康系の本のほうが役に立ちました。

独立したら自分の身体は自分で管理しなくてはいけないし、何よりも身体が資本なんですよね、大げさかもしれませんがこの二冊で人生が変わったといっても良いくらいかも…。(個人差は絶対あります)

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。