このブログをはじめて三週間くらいたちました。

それで、徐々にこのブログを通してやりたいことが見えてきたので、ちょっとまとめてみます。

今日は日曜日ですので、肩の力を抜いて書いていきますね。

以前「目標達成とその過程のバランス」という記事でも書きましたけれども、私はおおまかな方向性くらいしか考えません。

ボトムアップという言葉がそれに近いかも。

例えば目標を決めて、いつまでに達成するぞ!というような “トップ” から逆算してやっていくのがトップダウン。ボトムアップはその逆。

できるところからやってみます

実感として、ボトムアップの良さというのは、現実的な判断ができるというところです。

目標、そして締め切りまでもが決まっている場合、無理してもそれにあわせなくてはいけない、という状況がよく発生しませんか? しかしそもそもその目標や締め切りが本当に妥当なものなのか? というのは、実は終わってみなければ分からないことが多いのではないでしょうか?

対してボトムアップの場合は、イメージとしては “できるところからやってみる” という感じ。そしてそこまで進んだら振り返ってみて、これで合ってるかな? 進み具合はOK? ということを考えて、軌道修正していきます。

ですからより現実的で無理のない進めかたができるし、やっていて楽しいし、ストレスが溜まりにくい。

ボトムアップの例え「彼女の家にいく場合」

例えば、まだ恋愛に対して新鮮な感覚をもっている若い時代に、ものすごく可愛い彼女(または素敵な彼氏)の家にはじめて行く、ということを考えてみてください。

ボトムアップというのは、彼女の家に行くまでの道のりを楽しみつつ(例えば道端に花が咲いていたら綺麗だな、写真を撮っておいてあとで彼女に見せてあげよう、とか八百屋のオレンジが美味しそうだったらひとつ買っていって一緒に食べようか、とか)、彼女の家に行く、という感じ。

トップダウンというのは、まず最初に「何時何分までに着くぞ」ということを決めておいて、それを守ることに全力を注ぐ感じ(だから道端の花の綺麗さなんか感じている暇がない場合もある)。

うーん、あんまり良い例えではないですが……個人的な意見として、トップダウンというのは、“何度も経験のあること” に対してのみ有効なやりかたなんじゃないかと思っています。

だって、はじめてのこととかまだやってもいないことに対して、目標を立てたり、いつまでにそれをやる、と決めてしまうのは、やっぱりなんか現実的じゃないから、です。いやもちろん、その “非現実さ” こそが、大きな目標を達成したり、実現したりするきっかけになることもあるのでしょうけれども。

さらにいえば、私だって仕事を請けるときは “やるべきことと締め切り” が決まっているわけですから、そこから逆算してやっていかなくちゃいけないことはたくさんあります。ただし前提として、個人で仕事しているので、少なくとも請ける時点で自分が納得した仕事しかしない、という選択権はあります。

自分の経験や知識を伝える

なんか話が長くなりましたけれども、何がいいたいのかというと、このブログのテーマである “好きなことを仕事に” ということを考えたときには、やっぱりボトムアップでやっていきましょう、ということです。

多分ですが、みんな普段はトップダウン、トップダウンで目標と時間に追われているんじゃないでしょうか? でも、せめて自分の好きなことくらいは、逆にしてみてはどうでしょう?

楽しいとおもいます。

と、こんなことをつらつら考えていたのですが、というわけでこのブログに対して私が最初に考えたおおまかな方向性というのは…

  • 自分のやってきたこと、経験や知識を伝える

…ということでした。そしてそれは何か? というと、「副業でも専業でも良いので、好きなことを仕事にして自分らしく生きてみませんか?」というメッセージに集約されます。

なんだか青くさい感じもするし、うさんくさくもあり、このメッセージには正直ちょっと抵抗がなくもないのですが、私がやってきたことや生きてきた生きかたを言葉に表すと、どうもこういう感じになってしまうのですよね。

それで今年で30代も最後だし、そろそろ恥ずかしがってないで、伝えていくことも考えなくちゃ、とか、何か自分だけが好き勝手に生きているようでちょっと申し訳ないような気がするとか、そんなところが動機になっています。

まあ私に限らずこういう生きかたをしてい人方っていうのは、やっぱりなんかじんわりと楽しそうだし、やってみると案外、できちゃったりするので、個人的にはオススメなわけです。

それで、パッと周りを見渡すと、どうしてもいまの流行とか、一時的に有効な手法とか、名誉や成功やステータスに価値をおきすぎていたり、逆に神頼みやスピリチュアル的なものが多いので、それらはそれらで役立つ部分もあると思うのですが、できれば “手に職系” で、身につけたらずっと使えるようなことを伝えたいと考えました。

ブログを通して、実際に仕事を創りだしてみる

これが最初に決めた大きな方向性で、次にやってみようかな、と考えているのが

  • このブログを通して、実際に仕事を創りだしてみる

ということです。

いま、他にもやっていることがあるのですが、私はこうやって書くのが好きですし、このブログもやっぱり好きなことのひとつとしてはじめたので、ここからなんか仕事を創ってみたいな、と思いました。

普通に考えれば、好きなことを仕事にしたい、と考えている人の相談に乗るとかそういう感じになるのでしょうが……具体的にはまだ考えていません。

別に実験台になるつもりはありませんが、このブログを見てくださっている方の参考になりそうな程度に進捗や内容を公開していきたいと思っています。

ゆるやかなコミュニティをつくる

それともうひとつ。

私は自分の時間の自由を守るために、“人と会わずに仕事をする” というスタイルをとっています。誰も雇わず、誰にも雇われず、さらに、連絡はメールのみ。Twitter や Facebook もプライベートでしか使っていません。

これができると、自由な時間というのはグンと増えます。もしかしたら働く場所もある程度は自由になれるかもしれません。私は自分の仕事場が気に入っているので、移動することはあまり考えませんが。

競争しないですむビジネスを考える」という記事でも書いたように、数十人の常連さんとネットを通してつながりながらスモールビジネスをさせてもらっているのが現状です。

今回はこのスタイルを少し変更して、人と会う機会をつくるというのをやってみたいと思っています。人と会う機会というのは何かというと、ゆるやかなコミュニティをつくってみたい、ということです。

ゆるやかなコミュニティとは何かというと、好きなことを仕事にしたいとか、もうしてますとか、そういう人がゆるく集える場所です。なぜ “ゆるく” なのかというと、基本的にこういうことを志す人って “一匹狼タイプ” の人が多いんじゃないかと思っているからです。

だから、ゆるく。

というわけで、どこかにオフィスみたいなのを借りて、具体的な場所をつくりたいな、と考えています。私の仕事場でもあり、仲間が集える場でもある、というような……。

おそらく都内、都下あたりになりそうですが。

まとめ

まあこれらは、あくまでも “おぼろげに見えている希望のようなもの” にすぎません。

最初に書いたように、好きなことを仕事にするというのは、ボトムアップで進めていくというのがポイントだと思っているので、実際に進んでみて違うなと思えば方向転換するし、もしかしたらもっと楽しそうなことがあればそっちに行くかもしれないので。

ただ、根本としての動機の部分、好きなことを仕事にできると楽しいですよ、ということは伝えていきたいと思っています。うまくいえないのですが、そういう人がもっと増えれば良い、と感じたりすることもあるような気がしていますので。

肩の力を抜くつもりが長くなってしまいましたのでこのへんで。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。