街角で Pepper を見かけることも増えてきました。

pepper

下記はすこし前のニュースになりますが、孫正義氏によると「最終的にはロボットに愛を理解させたい」とのこと。

さて私はたまに瞑想をしているのですが、前準備としてヨガをとりいれてみるとなかなか効果的なようでして、それであるとき突然、「愛」に目覚めたのです。

……っていうとなんか変ですよね。

ひとくちに「愛」といってもいろいろな形がありますから、博愛的な感情とでもいえば分かりやすいでしょうか?

私にとって「愛をこめる」ということは、責任論や合理性みたいなものをもうすこし高い次元から見ていくことにあたるのではないかと感じています。

そして科学的にみるならばそれは、人間の健康にも良い影響を与えるらしい。

何しろそれは、人体に対して直接、生理的に作用するのです。具体的にはこの愛は「オキシトシン」と呼ばれるホルモンや「迷走神経緊張」と呼ばれる機能を上げ、細胞内の遺伝子の発現にも少なからぬ良い影響を与えるのです。するとどうなるかというと、人体の免疫が高まり、心臓病や卒中、関節炎、糖尿病、癌、認知症などと言った好ましからざる疾病に罹りにくくなる、と言うのです。

私は、愛という感情は人間にとっての最後のフロンティアになるかもしれないと考えていて、そのような意味でも、愛というものについて(感情的にも、科学的にも)向きあっていきたいと思っています。

中村一義は「永遠なるもの」で

全ての人達に足りないのは、ほんの少しの博愛なる
気持ちなんじゃないかなぁ。

と歌いました。

あのときの衝撃と感動は間違ってはいなかったのかもしれません。

そう思わせてくれる、瞑想による一種の悟りの体験でした。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。