4年ほど前になりますが、ケータイのない生活について という記事を書きました。

これはシリーズっぽい記事で、私がスマホ(iPhone4)を解約したくなった経緯や実際に解約をしたその後くらいまでを紹介しています。

何度か書いていますが、解約したあとの解放感がとても心地よく、いまではフェイスブックやインスタグラムなどのいわゆる SNS もやりませんので、さらに快適です。

しかしあれから4年。

時がたてばいろいろと変わるもので、何よりも子どもが増えたことにより、電話の必要性を感じることが多くなりました。(実際に急な発熱で保育園から連絡がきたこともありました。)

また SIM フリーの iPhone を購入できるようになり、同時に MVNO各社から明朗かつ低価格なプランも登場してきています。

そもそもなぜ iPhone を解約したのかというと、「つながりすぎる」のが嫌になったからであって、私としてはできるだけ「つながらない」状態でいたいというのが本音。

でしたが心のどこかには「上手につながって楽しんでいる人」に対する私の嫉妬というか劣等感みたいなものがあったことも事実。

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

これは「内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)」という書籍を読んで感じたのですが、おそらくかなりの内向型人間である私としては、いわゆる社交に対しての憧れを持ちつつも、やはり自分の世界にとどまっていることが快適なのです。

そして何よりも、内向型には内向型ならではの良さもある、ということに気づけたことは、私にとって一種の癒しとなりました。

……というわけで、4年ぶりに iPhone 再デビューしてもよいのかなあ、と思う今日この頃、です。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。