「生き方」というそのものズバリのタイトルの書籍があります。

主に、人生の「意味や意義」について説かれており、ここに書いてある「生き方」がすべての人に当てはまるかどうかは別としましても、参考になる部分はたくさんあります。

 私たちはいくつになっても夢を語り、明るい未来の姿を描ける人間でありたいものです。夢を抱けない人には創造や成功がもたらされることはありませんし、人間的な成長もありません。なぜなら、夢を描き、創意工夫を重ね、ひたむきに努力を重ねていくことを通じて、人格は磨かれていくからです。

生き方 稲盛 和夫

人にはさまざまな夢があると思います。

私の夢は、「人々が自分自身の人生に対して前向きに関わっていけるようになる」ということで、そのためのお手伝いをしたり、方法論を伝えたりするということが、具体的な目標になるのかもしれません。

そんな中で、私は十年以上前に独立し、個人として活動をしてきました。

その経験をとおして伝えたいことは「誰しもが自身の仕事をもつべきである」ということです。

もちろん雇用条件などによってそれが許されないという場合もあると思いますが、もしあなたがそうではなく躊躇しているとしたら、しっかりと準備をし、人生における良いタイミングでチャレンジしてみてほしいと願っています。

私が独立して歩んできた道というのは、会社組織を大きくしたいとか、お金をより稼ぎたいとか、より有名になりたい、歴史に名を残したいといった「達成」の道ではありません。

そうではなく、自身のやりたいこと、生きたい生き方を追及するという、「意味や意義」、「充実さ」を重要視してきた道です。

そして現在では、それらをとおして人々や社会に貢献するということが、少しずつですが、具体的に実現できつつあります。

私のような歩みかたは、メジャーな路線ではないのかもしれません。

しかしだからこそ、同じような希望、望みをもつ人たちの役に立てれば…とも感じています。

私にとって、独立して自分の仕事を持つ(創る)ということは、より良く生きるための具体的な作戦であり、満足できる人生を歩み、それをとおして人々や社会に貢献できる可能性のあるものなのです。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。