基本的には、お金のために時間を使うのではなく、時間のためにお金を使うべきでしょう。

なぜならば人に与えられた時間には限りがあり、かつ過ぎ去った時間は取り戻すことができないので、お金よりも時間の方が貴重なはずだからです。

貴重なものをより大切にあつかう。

ごくシンプルな考えかたですよね?

しかし資本主義社会において、資本をもたない労働者は、商品として労働力を提供することになり、その際に「労働時間」という形で自らの時間を提供する必要がでてきます。

この点ーーつまり、自らの時間を労働力という形で提供し、その対価としてお金を得るということーーがあたりまえになり過ぎてしまうと、お金よりも時間の方が貴重である、という概念が理解できなくなってしまうかもしれません。

私はそれは、恐ろしいことだと感じます。

しかし同時に、自らの時間を上手に使いこなすというのは、お金を上手に使いこなすことよりも難しいことなのかもしれない……と感じることもあります。

だからこそ、自分の人生における望みを明確にし、そうあるように歩んでいくことが重要になってくると思うのです。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。