お金というものをどうとらえるか?

 金本位制の時代は、「このお札になぜお札として価値があるのか」と聞かれれば、「それはいつでも金と換えることができるから」と答えればよかった。ところが、金本位制をやめた瞬間に、紙幣はいわばただの紙切れになったわけです。
 ところが、それで全く価値がなくなったということではありません。「これはお金なんだ」という信用・信頼、あえて言えば共同幻想があれば、「お金」として通用します。

知らないと損する 池上彰のお金の学校 池上 彰(朝日新書 2011)

もうひとつ、似たような内容を別の本から。

 神様と貨幣はよく似ている。
 貨幣が価値を持つのは、誰もがそれを貨幣と信じて疑わないからだ。
 1万円札に価値があるのは、特殊な紙やインキが使われているからではない。私たちが、福沢諭吉の似顔絵が描かれた紙切れに1万円の価値があるとする奇妙な宗教を信じているからだ。

得する生活 お金持ちになる人の考え方 橘 玲(幻冬舎 2003)

さらにもうひとつ。

 最初に結論をいっておきましょう。現代のお金とは、単なる「情報」に過ぎません。「これには、これだけの価値がありますよ」と主張する情報です。その根拠はといえば、これもまた「信用」という情報のみです。

君は1万円札を破れるか?〜お金の洗脳を解くと収入が倍増する 苫米地英人(コグニティブリサーチラボ株式会社 2015)

つまり、お金それ自体には価値がないということ。

お金それ自体に価値がないと考えるならば、あなたの人生において重要な価値はなんでしょうか?

たとえば私の父は、亡くなる直前、ベッドの上で絵ばかり描いていました。

この先、短い命だと知ったときに、本当のところ何をしたいのか?

しかもそれは実は、お金とは比べものにならない価値があるはずだと、いつも感じています。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。