ビジネスというとイコール「お金を稼ぐ」というイメージがあるかもしれません。

しかし「お金を稼ぐ」ということと「ビジネス」を分けて考えてみましょう。

なぜなら単にお金を稼ぐだけなら他にも方法はあるからです。

起業する必要すらないかもしれません。

金額の多寡にかかわらず、「お小遣い稼ぎ」にはいろいろな方法があるのです。

ビジネス活動を行った結果、お金が増えることはあります。しかしそれはあくまでも結果のひとつにすぎません。

私がいつも考えているのは、「価値をつくり、提供する」というシンプルなことです。

たしかに、その見返りとして「お金」を受け取ることが多いのですが、もしもお金それ自体の価値が大きく減少するようなことがあれば、見返りとして受け取るものはお金でなくなる可能性すらあるかもしれません。

そしてひとつ言えることは、価値をつくり提供していくことは本来的には楽しいことだ、ということです。

別の側面からみれば、楽しんでいるからこそビジネスになる可能性が高まっていく、ともいえます。

なぜなら、自分にとって楽しいことや夢中になれることは、そこに価値をつくりやすくなるからです。

 このように、趣味の世界は〝お金になるかどうか〟ではなく、純粋に自分のニーズに忠実に物事を追求しています…(中略)…誰も気付くことができなかったバリュー(付加価値)にかえって気付けるのです。

時給10万円も夢じゃない!とっておきのビジネス思考 苫米地英人(コグニティブリサーチラボ株式会社 2014)

あなたが楽しむことさえできれば、身近な人や世の中に、もっと良い影響を与えられることでしょう。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。