このブログの更新は滞りがちですが、日々、GTD を実践しつづけていることには変わりがありません。

GTD やその周辺、また日々の生活と整理整頓についてのちょっとしたコツなどについて、このブログ上で伝えていきたいな、というトピックはいろいろあるのですが…

私にとって予想外だったのは、「子育てが大変!」ということで、これは GTD 的にみてもなかなかの難問ではないかなと感じています。

子育ては GTD で解決できる問題なのか?

なんでかっていうと、GTD(だけでなくおそらくその他のメソッドにしても)っていうのは、基本として「ものごとを成し遂げる」ということが前提的な条件としてあると思うのですが、子育てっていうのは「積極的に成し遂げる」のが難しいと思うからです。

私のイメージでは、子育てというのはもっと、受け身に近い。

というのは、私がどんなに頑張っても子供の成長ははやくならないからで、もちろん、読み書きをよりはやい段階で習得させる、とか、まあ場合によっては「飛び級」みたいなものもあるのかもしれませんが、それを踏まえても、時間の流れは誰にとっても平等なので、どんなに私が頑張っても、やっぱり20年くらい経たないと「大人、つまり、子育て終了」にはならないのではないでしょうか?

もう少しわかりやすく、仕事(プロジェクト)との比較でいえば、単純に「よし、この仕事ははやめに終わらせちゃおう」ということは難しくありませんが、「よし、次男のほうの子育てははやめに終わらせちゃおう」ということは普通はできませんよね、という意味。

自由でありたい、ということ

私は、恥ずかしながら「自由でありたい」と思って過ごしてきました。

このブログを立ち上げたのも、そんなような動機からで、その気持ちはいまでも変わっていません。

ま、ひとことで「自由」といってもわかりにくいですけれども、いわゆる自主性っていえばいいのかな、自分の人生の方向性は自分で決めたい、というようなニュアンスで、はっきりいってその通りにやってきて本当に良かったと思っています。

しかし同時に、家族という単位、また「子育て」という、私にとっては受け身的、かつ長期にわたるプロジェクトーーあえて GTD 的にプロジェクト、という言葉を使いましたがーーを維持・実行していくにあたっては、もう少し、私自身の頭の中を柔軟にしていく必要がある。

そんな風にも感じています。

最初の話にもどりますが、というわけで、このブログの更新頻度という部分では変わるかどうかわかりませんが、内容的には、もう少し実生活に即した内容も投稿していこうかなと考えています。

これからはもう少し、ゆるい感じ、かつ雑多な内容になるかもしれませんが、根底の部分では繋がっているような、そんな記事をめざしまので、どうぞよろしくお願いいたします。

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。