ブログを書くにあたって、インプットが必要だと言われますが、同時に、別のアウトプットーーたとえば、人前で喋るとかーーをすると、それが呼び水となることもあります。

ちょうど先日、これからやっていきたい事業について人前でお話したり、また逆に他の方のお話を聞く機会があり刺激を受けました。

……というわけで今日は、その刺激を受けた状態で、ダダダッ、、と書いてみます。

ワークライフバランス的な

何度か書いたと思うのですが、私がいまの仕事をはじめるときに考えたことは「誰も雇わず、雇われず、できるだけ場所と時間に縛られない」ということでした。

この方針に従い、パソコンさえあればできる仕事を選び、電話を捨てました(実際にはネットに繋がっているパソコンが必要です。また電話は捨ててませんが解約)。

根底には、私自身の人生にたいするテーマ「自由」というものがあったと思うのですが、結果として、だからといって自由にあちこち出かけたわけでもなく、ましてフリーならではの面白い経験をした、というわけでもありません。

もちろんそれで後悔しているわけではなく、むしろハッピーだったかな、、と感じているので、生来のひきこもり体質なのでしょうね・・・

ま、それはさておき上記のようなことは、それっぽくいえば「ワークライフバランス」というのかもしれない、とも感じています。

重要なことはなにか?

ではそれ(ワークライフバランス)のために重要なことはなにか?とあえて考えてみれば、個人的には「(精神的な)自立」ということなのかなあと感じます。

抽象的な表現であまり好きではないのですが「自己実現」などとも言われるかもしれません。

もうすこし具体的にいうのならば「どこまで減らせるか?」ってことです。

物理的にも精神的にも、どんどん削って、どんどん捨てていって、残ったもの。

そこさえつかめていれば、日々の生活は、思ったよりも、シンプルです。(ここでいうシンプルっていうのは、自分らしさを感じながら自然体で生活できるというようなニュアンス)

しかしそのためには、「一回、満足する必要がある」かもしれません。

物理的にも精神的にも、ある程度、欲求が満たされることによって、今度はそれを捨てる・減らす、ということが可能になるのではないでしょうか?

もっと正確にいえば、考えかたを変えるだけで捨てられる部分もあるけれども、満たすことによって捨てられる部分もあるだろう。

そのような観点にたって、自分を振り返ってみるというのもひとつの手段かもしれませんね。

…というわけで今回はなにも考えずに書きはじめましたから、逆説的に、おそらく上記のようなことが、いま、私が考えていることなのだろうと思います。

読んでくださりありがとうございました!

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。