私の人生を大きく変えてくれたものは何か?

といえば、それは「GTD である」といえます。

理解し実践し、身につけるまでには2〜3年かかりましたが、今ではすっかり信頼できる、自分自身に身についたシステム(習慣)となりました。

GTD とは、タスク管理や整理術の手法のひとつで「ストレスフリーの整理術」などといわれているものです。

興味があればこちらのカテゴリにまとめてありますのでお読みください。

GTD と瞑想

GTD は瞑想に似ています。

つまり頭の中が整理整頓され、それによってストレスや不安が減り、結果として目の前のことに集中できるようになるので、ものごとがスムーズになったり、うまくいきやすくなったりするのです。

そのような意味で GTD はすばらしいと思うし、はるか昔に瞑想を開発したといわれているインド人もすげー、、って感じ。

瞑想と脳科学

瞑想というのは頭の中だけのできごとなので、それを表現したり説明したりするのはすこし難しいけれども、脳科学的にみればセロトニンという神経伝達物質の、脳内における偏在を解消する、、などといわれています。

またセロトニンについてフォーカスするのであれば、比較的単純な呼吸法によってそれを活性化できるという話もあります。

セロトニンという物質により、人は安定感や平常心を感じることができるといわれていますが、それが瞑想でいうところのひとつの到達点であるとしたら、これほど人類の幸せに貢献できるものってなかなかないかも。

ちなみに、宗教的な意味で瞑想をとらえるということについては私はいまいち理解しておらず、前世が見えたこともないし、何か予知めいたイメージやメッセージが浮かんだこともありません。

あくまでも私の解釈でいえば、瞑想が宗教的なのではなく、宗教が瞑想的である、と考えています。

参考書籍・資料


ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編――仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法


始めよう。瞑想―15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)


脳のちから 禅のこころ (だいわ文庫)


瞑想ヨーガ入門

宝彩有菜氏による一橋大学での講演会「元気の出る科学的瞑想法」(PDFファイル)

セロトニンDOJO(ウェブサイト)

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。