omnifocus2

OmniFocus2 が登場してすこし経ちましたので、ざっとですが感じたことを書いてみたいと思います。

…といってもそんなにはないのですが、個人的にいいたいのは「前のほうが使いやすかった」ということです…。

“2” も以前よりシンプルな操作感で良いとは思いますが、“2” と銘打つほど進化したか?

というと、そうでもないような。

将来の見通しをどうやって扱うか?

何よりも、GTD 実践編 でもくわしく触れている “将来の見通し(6つのレベル)” については、OmniFocus2 でそれを実践するのはやややりにくいように感じます。

OmniFocus2 は、タスク管理アプリとしては素晴らしいものだと思いますが、GTD は実践編においてはすでにタスク管理の範疇を超えていて、というか、

タスクの管理=現在の状況のコントロール、という横軸

将来の見通し=6つのレベル、という縦軸

…このふたつを、文字通り縦横無尽に扱うことこそが、GTD の楽しさ・素晴らしさではないかと思うのです。

アイデアを集めたり、整理したり

具体的には、OmniFocus2 はメモ機能の部分が使いにくい(見にくい)です。(Mac 版しかり、iOS版しかり)

ここが使いにくいので、たとえばプロジェクトプランニングなどのような考える作業においては、そこだけ別のアプリで管理したり(たとえばマインドマップアプリとか)、、ということになりがち。

対して Evernote では、もともとがメモアプリでもありますし、たしかに別アプリを使ったり、紙にペンでプランニングしたりすることもありますが、何よりも “とりこみやすい” という利点がある。

ま、いったん Evernote に入れてしまうと今度は “だしにくい” という面もあるようですので(現在のところ、エクスポートは Evernote XMLフォーマットか HTML 形式しかない)、そこははじめる前によく決断する必要があるかなとは思いますが。

GTD に何を求めるかでつかうツールが変わってくる(はず)

…というわけで、アイデアを集め、それをまとめて “アクション(次にとるべき行動)” というタスクに落としこんでいくのであれば、Evernote のほうが使いやすいです。

もちろん Evernote は、リマインダー機能がついているとはいえ、タスク管理アプリではないので、それいがいの部分で多少の手間は必要になります。

どちらが良い、というよりも、タスク管理を主として考えるのであれば OmniFocus2、アイデアや思考を大切にしたいのであれば Evernote という感じでしょうか??

更新情報をメールでお知らせします。

このブログの更新情報を無料でメールでお知らせします。こちらのブログの購読ページから登録してください。

整理法プラスについて

オリジナル整理法である「整理法プラス」を考案しました。現在、公式サイトにて情報を公開しています。よろしければご感想などお聞かせください。